読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らこらこブログ

唐揚げとアニメとプログラミングが大好きです

C#でTwitterアプリを作る 第0回

C#TwitterAPIを利用するには今まで、Twitterizer2や、TweetSharp、LinqToTwitterなどのライブラリを使うか、自前でHttpClientなどを用いるのが主流でした。しかし、Twitterizer2とTweetSharpは本家リポジトリは開発凍結宣言を出し、有志によるメンテナンスが行われるようになりました。LinqToTwitterは大規模なアップデートを予告しながらも、安定版といえるビルドはなかなか登場していません。
そこで今回からC#向けTwitterライブラリ"CoreTweet"を使って、モダンでスマートな機能でTwitterアプリを作る方法を紹介していきます。

第0回はCoreTweetの特徴と導入方法について。

CoreTweetはGithub上で開発が進められているオープンソースのライブラリです。
https://github.com/CoreTweet/CoreTweet
作者であるlambdalice氏はCoreTweetをMono環境で開発しており、CoreTweetはC#でありながらマルチプラットフォームに動作するライブラリになっています。

CoreTweetの良さはとにかく後発であるが故の洗練された設計です。C#特有の言語機能を最大限に活かすことでAPIの操作をスマートな記述で行うことが出来ます。

また、同作者による拡張ライブラリ"CoreTweet.Streaming.Rx"を導入することで、Streaming APIの非同期処理をReactive Extentionsを用いて記述できます。

CoreTweetはNuGet経由で導入可能です。

http://i.imgur.com/E1Ur3Cd.png

次回からCoreTweetの機能を少しずつ紹介していきます。